<アラン使徒伝>イ·ジュンギ  "イ·ジュンギのロマンス、期待しても良さそう" [アラン使道伝]

たくさん たくさんのニュースが上がってましたが

やっぱり、ジュンギの今の気持ちが 分かる内容が良いですよね

ということで、フォトは、全く関係ないものでしたが コチラ のニュースをご紹介します

やっぱり、ジュンギが選ぶドラマ・・・・ただのドラマではないですね~~

翻訳・・・ほんと 難しいですね~  おかげさまで また 新しい単語覚えましたよ^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<アラン使徒伝>イ·ジュンギ  "イ·ジュンギのメロー、期待しても良さそう"

Avoa1UnCQAAWfQh0618-22.jpg


来る7月末放映を控えているMBCの新しい水木ミニシリーズ

[アラン使徒伝](脚本チョン·ユンジョン/ 演出 キム・サンホ)で

使徒"ウノ"役を引き受けた 俳優イ·ジュンギが軍除隊後 初作品に臨む覚悟と所感を伝えた。  

[アラン使徒伝]は、慶南密陽の餓狼伝説をモチーフにしたドラマで、

自分の無念の死の真実を知りたがってムチャクチャ記憶失調症の 処女霊 "アラン"(シン·ミナ)と

霊を見る能力を持っているが、艶のない事この上もない 使徒 "ウンオ"(イ·ジュンギ)が 会って 繰り広げる冒険ファンタジーメロ史劇。  

"除隊後 初復帰作であるだけに、

もう少し大衆に親しく近付くことができる 作品がいいんじゃないかと思った"は、

イ·ジュンギは、ドラマ[アラン使徒伝]を選択することになった理由について、

斬新で新鮮な素材を選んだ。

この風変わりな素材をもとに どのような作品が誕生するのか 期待されるイ·ジュンギ。  

今回の作品を準備して

2年ぶりに現場に復帰したことだし 感覚を失ったのだろうか心配になったと 

本音を明らかにした彼は "多くの方々が期待していただくだけ新しくて素敵なキャラクター、

これまで見られなかった様々な面を持ったキャラクターのためにすべてを注ぐ。

アクションシーンによく出てきたらと思う念願"と覚悟を押し堅めた。  

一方、イ·ジュンギが引き受けたキャラクターは、

劇中で 突然 消えた母を探して さまよって

偶然に会った 鬼 "アラン"と ミステリーの世界に飛び込むことになる悲運の使徒"ウノ"。

イ·ジュンギは 自分のキャラクターを紹介し、

"内面の 多くの傷が 原因で 表面上は シニカルで無愛想な人に見えるが、

心の奥深い所に 人間味と 暖かな情を持っている人"と 言いながら 愛情を隠さなかった。
  

また、 "アラン"役を引き受けたシン·ミナとのロマンスが 面白かったら良いという イ·ジュンギは、

 "[アラン使徒伝]のジャンルは "ファンタジーメロー史劇 'であるため、

既存の演技した作品よりはメロ性向が強く出てくるものだ "と、

 "シン·ミナと どのようなロマンスを作っていくのか 期待中"と本音(?)を表わすこともした。  

ドラマ[幻想のカップル] [私の心が聞こえる]のキム·サンホ監督と

[別巡検]シリーズ1、2を執筆したチョン·ユンジョン作家の出会い、

そしてイ·ジュンギ、シン·ミナ、ヨンオジンとユ·スンホなど派手なキャスティングまで加わって

放映前から 今年の夏 最高の話題作に 浮上しているMBCの新しい水木ミニシリーズ

[アラン使徒伝]は、来る7月末、テレビ劇場を捜す予定だ。


[イ·ジュンギとの一問一答] 

Q. 除隊後 初作品なのに 感じがどうなのか? 

作品に 臨む覚悟が あるならば?


 
A. 軍服務による2年間の空白期終わりに 復帰する作品だとかなり慎重を期した。

多くの作品が入ってきた 

自分の欲より 

少し大衆に 親しく近付くことができる 作品が いいんじゃないか と いう気がした。

様々な作品を検討したが、 [アラン使徒伝]が最も目立った。

シナリオを受け取った俳優の立場で 素材が非常に斬新で新鮮だったし、

こんな素材をもとに どのような作品が誕生するか どうかの期待と疑問が生じた。

"本当に面白そうだ"という期待もたくさんできた。

ファンタジー史劇という ジャンルの性格上、

様々な領域で新しい試みをすることができそうだったし、

大衆の皆さんに 楽しさと感動を与えるだけでなく、

五感を満足させて差し上げることができる、

本当に 素晴らしい作品になったら と 望むことができる。

イ·ジュンギを待ってくださった ファンの方々 、視聴者の皆さん、

今年の夏、楽しさと感動、意味を持ったドラマを楽しんでいただけるようにする。

期待たくさんしていただきたい。 


Q. 復帰作で時代劇を選択した理由がある場合は?


 
A. 実は 一番気になったのは 2年ぶりに現場に復帰しただけの感覚を失わないかという点だった。

史劇は様々な試みをすることができる 制限がないジャンルだと思う。

そのため、現場で 直接ぶつかっていきながら、

私のすべてを 発散できる うってつけの ジャンルではないかと思った。

現場復帰への 心配が されただけ 

恐れたり 避けずに もっと注いで見てみようという気持ちで 

思い切って史劇を選ぶようになった。

本当にすべてのことを 降り注ぐつもりだ。

多くの方々が期待してくださるだけに、

新しいキャラクター、クールなキャラクター、

また、これまで見られなかった 多様な姿を 

見せることができるキャラクターで 作ってみるつもりだ。

 

Q. 引き受けたキャラクターの紹介をするとしたら?


 
A. "ウノ"は 母というひとりだけを考えて、

母の跡を訪ねて行くこと以外には

世界には 何も意味がない 悲しい事情を持った キャラクターだ。

心に多くの傷があり 表面上はシニカルで無愛想で鋭いが、

内面の奥深い所に 人間味と 暖かな情を 大事に保管している友人だ。

周辺の困難な状況の人々に 冷たく接することだが、

胸一角に 彼らへの 愛情を持っており、

彼らの哀歓を 共感するなど、

多様な姿を持っている キャラクターである"ウノ"という人物を 

立体的に描いていきたいと思った。

最初は 既存の演技して見なかった 艶がないキャラクターだと 惹かれたが、

作品を分析しながら、様々な 内面の姿を 

見せることができる キャラクターであるようで 欲を出している。 

 

Q. "ウノ"は、霊の姿も 声も 聞くことができる。 

実際にこのような能力を持っていればどうだろうか?


A. 良くないようだ。 

演技をしながらもひょっとして霊を見るか 恐ろしい。 で見たらいい(笑)。

霊を見ると、大ヒットだそうですが、 私たちの仕事は、幽霊を見なくても大当たりの日である(笑)。

"ウノ"も霊を見るが 霊も "ウノ"が 自分を見るという事実を知っているので、

自分の 境遇を訴えて お願いをしたりする。

"ウノ"の立場では、その理由を、

毎日のように聞いてくれるだけでも 大変 複雑ではないかと考えられる。

だから、私は見なくても なりそうだ(笑)。

 

Q. スタッフとの間には 特別なようだが 撮影現場の雰囲気はどうなのか?


A. 楽しませようとする。

現場が気楽でこそ 俳優でも安定した演技を 見せることができるからである。

何よりも 実際には 最も重要なのは、毎日のように苦労するスタッフたちだから

誰もが "本当に 私の仕事だ"という考えを持つことができたら良いだろう。

だから、現場で スタッフの方々が たくさん疎通しようとする。

さらに、スタッフの方々が本当に良い。

兄、妹、姉、友人などのスタッフと一緒にスーツと、お互いに力が湧いているようだ。

Q. 初めての撮影 当時、気持ちはどうだったか?


A. とても ときめいた(胸が高鳴った)

実際には どのように終わったのか 分からなかったほどに 

精神がなかったようだ。

よくしようと 努力してみると 周辺に気を使わずに 

演技にだけ没頭して 我を忘れてさっさと通り過ぎてしまった。

実際に現場に来た事 自体が幸せだった。

Q. この世と あの世についての 分析をしたようだが、

劇中で最も 興味深いの設定は何か?


A. 視聴者の方々は、既存の思っていたイメージと全然違って

 玉皇上帝や 閻魔大王のエピソードを コミカルだと考えられているようだ。

さらに、その中に 人の歴史が含まれているという設定が 非常に面白くて不思議だった。

一度アラン説話を土台にした作品の 出発自体が斬新だと思う。

シノプシスを初めて見た時から 霊が出てくる ファンタジーメローという 

新しい素材に最も惹かれた。

その中のデバイスが、

視聴者の方々には かなり新鮮に 近付くんじゃないかと期待をしています。

Q. すでに撮影を終えたり これから撮影を控えている場面の中で 

    最も期待される場面を挙げるならば?


A.  [アラン使徒伝]だと、

 どうしても "アラン"と作っていくメローラインが 面白くも 生きていて欲しい。

既存のロマンチックコメディとは 少し違った 新しい素材だからだ。

"アラン"と ドラマが うまく作成されたら良いだろう。

また、私たちのドラマにだけ登場する

アクションシーンも多様だが、凝ったほどよく出てきたら良いだろう。

Q. パートナーとの最初の出会いはどうだった?


A. かなり楽しかった。

みんな性格も良くて、今回の作品自体への期待がシートだったよ。

個人的に 酒一杯を傾けながら起動することが好きなので、

序盤に監督をはじめ、多くの方々を苦しめた。

それとともに すぐ親しくなったようだ(笑)

特に小間使い "ドルスェ"の役割のクォン·オジュン先輩と

一日中 冗談狩りをすることが できるほど たくさん親しくなった。

現場スタッフの方々との関係も かなり良いようだ。

最高の チームワークを発揮することができそうだという期待がされる。

Q. [アラン使徒伝]に関連したインタビューで、

 その中に

見るのが難しかった 俳優イ·ジュンギのロマンスが 込められている

コメントを残した。


A. 期待している。

実はドラマは 最初から シナリオ全体が完全に出ない場合が多く、

話の色々な想像をすることになる。

例えば、 "次回はどのように進んで自分のキャラクターは、

どのように変化するものであり、人物との関係はどのように進行されるか"など。

特に 男女主人公のロマンスは、非常に期待されるところであるので、

 "このドラマでは、どのようなロマンスが描かれるか"に ついて 

常に考えながら楽しみにしています。

皆さんに 一つ申し上げることができるのは、

このドラマのジャンルは ファンタジーメロ史劇であるため、

従来の私の作品よりは メロ性向が 強くなるのでないかという点だ。

やっぱり、ジュンギのインタビューは、面白いですね~

ほんとに 頭の良い人だって 分かりますね。

ほんとに 楽しみ 楽しみ~~(^_-)-☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0